オーダージャケット製造会社と福利厚生代行企業を繋ぐ

オーダージャケット製造を行っている会社は、注文をして買ってくれる人がいることで収益を上げることができます。

福利厚生代行企業にとって提携先が増加することは、提供サービスの拡大となります。

livedoorニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

このとき、両者を繋ぐビジネスを行って利益を稼ぐというモデルを考えることが可能です。福利厚生代行企業は、お金を支払う代わりに福利厚生として利用できるサービス提供会社を探してもらいます。

繋ぐ役割を果たす会社は、お金を受け取る代わりに提携先を探していきます。


探し方としては、福利厚生代行会社と提携をする相手先を募集していくのです。

iPhone7の予約のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

そして、探した相手と福利厚生代行企業が契約を結んだら仲介料金をもらいます。

福利厚生代行企業は直接活動をすることなく、提携先を見つけてもらうことができなおかつ新しいサービスができます。


他方で募集をしてきた相手は、福利厚生代行企業によって利用者を確保してもらえるという側面が生まれます。

オーダージャケット製造の会社で言うと、紹介をする会社に福利厚生代行会社を紹介してもらいます。
そして、オーダージャケット製造の会社は福利厚生代行会社の会員に格安で注文を受け付けて販売を行います。このような形では、オーダージャケット製造の企業は収益を得る機会が増えるということになっていきます。
福利厚生代行を行う会社と提携先を紹介するビジネスでは、仲介を行っていくことで利益を稼いでいきます。



また、この形態は紹介をする相手それぞれにも利益を与えるという状態にするという側面が生まれます。