オーダーシューズの製作のこと

足の形や指の長さにも個人差がありますから、既製品の靴では長時間履いていると足のあちこちが痛くなってしまうということも。


成人ならまだしも、子供の頃に合わない靴を履き続けていると足が変形してしまうとも言います。足の不調は全身の調子にも関わってきますから、自分の足の形にぴったりフィットした靴を履くことは身体をいたわるうえでいいことです。自分の足に合った靴がない場合は革製品を作っている工房でオーダーシューズを依頼しましょう。



足の形のことだけではなく、既製品の靴には自分の気に入ったデザインの物がないからという、ファッション性重視の目的での依頼ももちろん受け付けてくれます。

革製品全般を扱う工房ならシューズの他にもバッグやブーツのオーダーも行ってくれます。オーダーシューズ政策の流れですが、以下のような流れを辿ります。

まずはお店にあるサンプル用の靴を使ってクライアントの足のフィッティングチェックをします。


足のサイズはどれくらいかの確認と採寸が行われます。
まずこれを行わないことには始まりません。
次にどんなデザインや色がいいかやどの素材を使うか、底付けはどうやって行うかをクライアントと一緒に突き詰めていきます。

意見がまとまってから見積りが提示され、契約が成立した後でオーダーシューズの製作が始まります。

素敵なグノシー情報を多数ご用意したサイトです。

手作業の工房では大体一か月くらいの期間を要します。



この製作期間は底付けの方法によっても変化します。
早く欲しい場合は製作に時間のかからない底付けの方法にしましょう。