アパート経営を他の投資手法と比較する

アパート経営を他の投資手法と比較してみると、その特徴はよくわかります。

まずリスクについてですが、債券よりも高くて株式よりも低いと考えられます。

銘柄によっても異なりますが、だいたいこのような傾向があると言ってよいでしょう。


株価は常に変動をしていますから、機能まで高い価値を持っていたものが、今日は大暴落して無価値になってしまうということもあります。


債券はリスクが小さく、価格変動は小さいですが、利益も小さい傾向があります。

本物のNAVERまとめの情報ならこちらにお任せ下さい。

アパート経営は、株式ほどリスクは大きくありませんし、債券ほど利回りが低くはありませんから、中程度の投資だと考えられます。投資期間で比較すると、アパート経営は長期投資になることが多いです。

短期間で売却をすることによって利益を得られないわけではありませんが、賃料収入が確保されているのであれば、長期的の保有することで安定した収入を得るほうが賢明でしょう。



このようなこともあって、長期的に投資をする人が多いと考えられます。


他の投資手法と比較した時に、アパート経営には特徴的なリスクがあります。


それが流動性リスクです。
株式投資や債券投資の場合、売却するのは容易です。



証券取引書で売却するなり、証券会社に買い取ってもらうなり、いろいろなほうほうがありますから、売ろうと思った時にすぐに売ることが出切るというメリットがあります。

これに比べると、アパートは売却しにくく、できる場合でも時間がかかるというデメリットがあります。